履歴書の書き方

絶対!就職GUIDE

履歴書とは

そもそも履歴書とは「あなたの事をまだ知らない人に」→「あなたがどんな人なのか」を伝える資料です。転職活動では応募後まず最初に履歴書と職務経歴書による書類選考が行われます。職務経歴書はあなたの「知識と経験」を表し、履歴書はあなたの「人となり」を伝えるものです。
書類選考での履歴書の役割とは「あなたの情報をより多く伝え」「この人に会ってみたいと興味を持ってもらう」ことなのです。

ポイントは以下の3つです

・あなたの人となりと
・この会社で働きたい、という熱意が
・読み手(採用側)に分かりやすく伝わっているか

用紙の選び方
履歴書は一般的には市販の用紙に直筆で書かれたものが好まれます。応募要項に用紙が指定されていない場合もありますが、「形式自由」と明記されていない場合は市販の履歴書を使用する方がまず無難でしょう。
履歴書には各、「新卒用」「転職者用」そして「アルバイト・パート用」があります。ここで悪い例として挙げるものは「新卒用」です。
「好きな学科」「保護者欄」などすでに社会経験がある転職者には不向きといいますか、そぐわない項目がありますね。限られたスペースで最大限に自分をアピールするため、種類は間違えないように気を付けましょう。
「転職者用」の履歴書にも多様な種類があり、項目やその配分が用紙により異なります。用紙を選ぶ大事なポイントは、あなたがアピールしたい項目が入っているものを選ぶことです。文房具屋さん等に行って、複数のものをよく見比べてください。それぞれの特色が出ていると思います。用紙サイズは特に指定がなければ、B5サイズ、A4サイズどちらでも構いません。
また、応募要項に「形式自由」と明記されている場合は自身でWordなどで作成してみるのもよいでしょう。ただしこの場合でも名前と日付だけは直筆にしてください。なおかつ、用紙サイズは職務経歴書と同じ大きさにするとスマートです。記入項目は市販の履歴書の項目に加え、自分を特徴づける項目を付け足すとより力強いあなたをアピールすることができます。
ここで大事なのは、他社から返却された履歴書の使い回しは絶対厳禁です。日付欄を修正液で消して書き直していたり、職歴の最後の1社だけ違う色のインクで書かれている、よく見ると志望動機の内容がおかしい…などなど、履歴書を使い回した形跡は、採用担当者にはすぐ分かってしまいます。必要な経費と手間暇を惜しむことは入社への意欲を疑われ絶対的なマイナスの印象を与えてしまいますし、不採用になった履歴書は縁起も悪いので使い回さない方がよいでしょう

Copyright(C)2008 絶対!!就職GUIDE All Rights Reserved.